【エロ漫画/同人】【飲尿】Re:Rape4 最終話【ホロナミンZ】

Re:Rape4 最終話【ホロナミンZ】漫画、同人、CG集
漫画、同人、CG集
注意

当記事のエロシーン解説には一部ネタバレを含みますのでご注意ください。

【Re:Rape4 最終話】のあらすじ

 自殺する前に少女をレイプする事を決意した男はレイプを実行する。

 しかしふと目が覚め何もかもが無かったことになり再び同じ今日が繰り返すループに陥っている事に気づいた男は、好みの少女を選び好き放題犯し始める……。

【Re:Rape4 最終話】は飲尿シーンがあるエロ漫画

尿エロジャンル:

尿エロシーンのオススメ度:

5 out of 5 stars (5 / 5)

【Re:Rape4 最終話】の飲尿シーン解説とレビュー

尿エロシーン一覧

  1. ロリに口内放尿

1.ロリに口内放尿

シーン解説

 ロリを拉致してきてレイプした男。そして調教としてお掃除フェラをさせ、そのまま口内放尿する内容。

THE鬼畜

 同じ今日をループし続ける男に怖い物無しとばかりにロリをガチで拉致してきて好き放題犯し調教するという題材から生み出されるすさまじい鬼畜な飲尿シーンです。

 細かい描写も素晴らしく、全裸ランドセルという背徳感満点な格好をさせて、お掃除フェラをさせ、わざとらしく「あーまた小便したくなっちゃったな」「ねぇ教えたよね どうするんだったっけ?」と言い放つ男にビクッと怯えるロリという細かい描写から、大粒の涙を流しながら「こ…このままわたしの口を…」「おじさんの便器として使ってください…っ」と言わせるという凄まじく嗜虐心を刺激してくれる飲尿導入となっています。

 そして肝心の飲尿シーンも身体の小さいガチロリが男に怖い事をされたくない一心で必死におしっこを飲み干すというドS歓喜な飲尿シーンが前述の導入込みで約1ページ使って描かれており、鬼畜ロリ飲尿シーンとしては中々これ以上ない完成度と言えるでしょう。

まとめ

 凝った飲尿導入描写、ループ物という前提の上で成り立つロリへの鬼畜すぎる容赦の無さ、飲尿シーンのロリならではのポーズ、不足ないイラストのボリューム等々、どれをとっても満足度実用度が高く繰り返しになりますが、鬼畜ロリ飲尿シチュとしてこれ以上ない素晴らしい完成度となっています。

 ドSシチュ、ロリ、飲尿好きなら必読と言えるでしょう。惜しむらくは電子書籍版(DLsite/FANZA)で販売していないので現時点だと入手性が若干悪い点でしょうか。

本作はエロだけでなくストーリーも◎

 また本作はストーリー性にも大きく力が入っており単なるエロ漫画だけでない面白みがあります。エロ漫画にストーリー性が必要かどうかは賛否があるかと思いますが、本作はストーリーや設定がエロ行動に直結している事もあってストーリーの必然性を感じやすく、かつエロを阻害していないので全体の完成度が高い作品となっています。

 そして重大なネタバレになるため詳細は触れませんがレイプを繰り返してきた男のオチも納得感が強く(※因果応報というか盛大に報いを受けているわけでは無いのですが、エンディングには説得力を感じます)シリーズ全てを追ってきた、一個人としてスッキリした終わりとなっておりストーリーとエロを上手く両立した素晴らしいエロ漫画と言えるでしょう。

 購入先リンクへ

ホロナミンZ先生の過去作品

 本シリーズの過去作品です。本作と同様にロリに容赦ない仕打ちが見所で実用性は勿論高く、ストーリーも引き込まれるものがありますのでシリーズを揃えるのもオススメです。

 ただ飲尿シーンとしては1作目はオススメ出来ないので飲尿シーン目当てなら2作目のみ購入をオススメします。※3作目は尿エロシーン無し。

 

【Re:Rape4 最終話】のサンプル画像

ロリを拉致してきて乳首弄り
ロリに自己紹介させる
ロリを犯す

【Re:Rape4 最終話】の詳細情報

タイトルRe:Rape4 最終話
サークル/作者ホロナミンZ
発売日2023年12月31日
イベントコミックマーケット103
C103
ページ数84ページ
題材オリジナル

ジャンル

【Re:Rape4 最終話】は電子書籍販売無し

Re:Rape4 最終話【ホロナミンZ】

 こちらの作品は電子書籍での販売はありません。

 2024年2月24日時点ではとらのあなでは売り切れ。メロンブックス在庫わずかとなっています。


女性受け尿エロ情報まとめをフォローする
女性受け尿エロ情報まとめ
タイトルとURLをコピーしました