【エロ漫画/同人】【浴尿/小便補助】俺は嫁に逆らえない…性癖を握られている【AERODOG/inu】

俺は嫁に逆らえない…性癖を握られている【AERODOG/inu】漫画、同人、CG集
漫画、同人、CG集無料尿エロ

※PR
注意

当記事のエロシーン解説には一部ネタバレを含みますのでご注意ください。

【俺は嫁に逆らえない】のあらすじ

一つ上の大人しいけどグイグイ来る嫁
イニシアチブは取られっぱなしでわんこくんなどと呼ばれるけど…彼女になら嫌な気はしない。
そんな彼女との週一の日課である子作りセックスはお互いの楽しみになっていた。
どちらかというと率先して誘ってくる嫁にたじたじになりながらも
甘やかしながら攻めて搾り取ってくる嫁に負けるのが癖になってる…
そしてこの日は思わず粗相をしてしまって…

かわいい嫁に搾精されたい。そんな思いで描いてみました。
どうぞよろしくお願いします

DLsite商品ページより

【俺は嫁に逆らえない】は浴尿、小便補助シーンがあるエロ漫画

尿エロジャンル:

尿エロシーンのオススメ度:

5 out of 5 stars (5 / 5)

【俺は嫁に逆らえない】の浴尿、小便補助のシーン解説とレビュー

尿エロシーン一覧

  1. 奥さんの胸におしっこぶっかけ
  2. 奥さんにチンコを支えられながら放尿

1.奥さんの胸におしっこぶっかけ

シーン解説

 夫が大好きでイチャラブしてくる奥さん。仕事帰りに一緒に入浴を促してきて洗体プレイからフェラで口内射精後の手コキ中に夫が漏らしてしまい奥さんの胸におしっこをぶっかけてしまう内容。

M向け

 タイトル「俺は嫁に逆らえない」からも分かる通り、基本的にはイチャラブしながらも奥さん攻めで夫は受け身な構成となっています。

 おしっこぶっかけシーンも、奥さんがフェラで射精してしまった事に対して攻める様に手コキでチンコをいじいじしている所で夫が我慢できずお漏らし。そして胸におしっこをぶっかけてしまうという流れとなっており、漏らしてしまった夫の表情も相まってかなり情けない描写となっているので、かなりM向けな浴尿シーンとなっています。

 またこのシーンはサンプル画像があります。

奥さんにおしっこぶっかけ

 おしっこぶっかけを想定していなかった奥さんの反応が素晴らしくエロ可愛らしく、それでいて盛大におしっこがぶっかかっている描写が素晴らしいの一言で、このサンプル画像だけでも実用性はMAX。

2.奥さんにチンコを支えられながら放尿

シーン解説

 1.の浴尿シーンの続きで、奥さんが放尿しているチンコを持ってくれる内容。

全てを受け入れてくれる奥さん

 浴尿シーンの導入は前述の通りサンプル画像で見れますが、次ページでも引き続き浴尿シーンとなっており、胸に放尿しておしっこぶっかけている全身図のイラスト。

 そして「だ…大丈夫だよ 嬉ションしちゃったんだよね…」「恥ずかしくないから… ぜんぶ出して…ねっ」とチンコを支えて放尿を促してくれるという愛を感じ優しすぎる奥さんの反応が楽しめる小便補助シーンとなっています。

 そんな愛溢れる奥さんながら本作では攻めを担っているだけあり、放尿を見ながら若干妖艶そうな嬉しそうな若干Sを感じさせる表情を浮かべると言う想像を掻き立てるイラストが挿入されており、夫婦二人の関係性がより感じ取れて〇。

まとめ

 inu先生があらすじで書いている「かわいい嫁に搾精されたい」という思いで描かれた本作は浴尿、小便補助シーンでも存分に活かされており、夫のおしっこを胸から下腹部にかけてぶっかけられたにも関わらず、エロ可愛らしい反応を見せてくれる所が他では中々見る事ができない素晴らしい尿エロシーンとなっています。

 小便補助シーンでも夫の放尿に引くどころか、むしろ夫の新しい一面が見れて嬉しいといった風なあたりが夫大好きな奥さんのリアリティを感じさせてくれるシーンとなっておりこれまた素晴らしく、サンプル画像だけでなく是非購入をオススメするシーンと言えるでしょう。

 かわいい嫁×尿エロにピンと来れば、まず間違いない本作、オススメです!

 購入先リンクへ

【俺は嫁に逆らえない】のサンプル画像

奥さんが洗体プレイからのフェラ
奥さんが騎乗位

【俺は嫁に逆らえない】の詳細情報

タイトル俺は嫁に逆らえない…性癖を握られている
サークル/作者AERODOG/inu
発売日2024年01月01日
イベントコミックマーケット103
C103
ページ数32ページ
題材オリジナル

ジャンル

【俺は嫁に逆らえない】はDLsiteでのみ取り扱い(PR)

俺は嫁に逆らえない…性癖を握られている【AERODOG/inu】

※PR

女性受け尿エロ情報まとめをフォローする
女性受け尿エロ情報まとめ
タイトルとURLをコピーしました