【エロゲー】【飲尿/浴尿】戦乙女ヴァルキリー2/戦乙女ヴァルキリー3豪華プレミアムパック【ルネ】

戦乙女ヴァルキリー2エロゲ
エロゲ

戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック
注意

当記事のエロシーン解説には一部ネタバレを含みますのでご注意ください。

【戦乙女ヴァルキリー2】のあらすじ

神々と人間に住む場所を奪われ、地底の奥深くに追いやられていた魔族達は、
何百年もの間『ミッドガルド』と呼ばれる人間界の大地を巡り、戦いを繰り返していた。
しかし、魔王軍暗黒騎士団長デューク(主人公)の策略により、蒼穹の戦乙女・レイア(前作のヴァルキリー)が
囚われてしまい、天界と人間界と魔界の戦力バランスは崩れた為、
魔族達は『ミッドガルド』を蹂躙し人間界のほとんどを制圧していた。

そして、いよいよ天界に攻め込もうと画策していた魔族達は、
その勝利祈願の生贄として戦乙女レイアの公開処刑を行うことを『ミッドガルド』中に触れ回る。

ついに処刑の日がやってきた———。手と首に枷をつけられ、処刑台に連れてこられたレイアは、
屈辱的な扱いに表情を曇らせていたものの、凛とした美しさをその身に残していた。
主人公は、処刑台の上で拘束されたレイアを散々凌辱したあげく、
魔王軍に多大なる被害を与えたレイアの罪状を読み上げ、彼女の首を切り落とそうとする……。

その時、魔界の空を割って、天空から巨大な光が飛んでくる。
その発光体は、レイアを取り戻す為、主神オーディンの命により
神槍・グングニルを携えた天界最強のヴァルキリー・アリーヤであった。

アリーヤは並み居る魔族達を神技で消滅させ、主人公もその激しい攻撃に一旦は耐えるものの、
圧倒的な力の差で吹き飛ばされてしまう。苦もなくレイアを解き放ったアリーヤだったが、
彼女は囚われの仲間を慰めるどころか激しく叱責する。

アリーヤ「こんな雑魚どもに遅れをとるとは…恥を知れ!」

そして、人質も失い絶体絶命の窮地に陥った主人公は一計を案じ、
レイアをそそのかして、アリーヤの力の源である、白銀の指輪を奪わせる事に成功する。

指輪を失ったアリーヤは戦乙女としての力が弱くなってしまい、魔族である主人公の囚われの身となってしまう。

こうして、魔族の虜となってしまった二人のヴァルキリーに対して、
昼夜を問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、女神達の心は快楽の闇へと堕ちていくのだった…。

DLsite商品ページより

【戦乙女ヴァルキリー2】は飲尿、浴尿シーンがあるエロゲ

尿エロジャンル:

尿エロシーンのオススメ度:

4 out of 5 stars (4 / 5)

【戦乙女ヴァルキリー2】の飲尿、浴尿シーン解説とレビュー

尿エロシーン一覧

  1. アリーヤの身体におしっこぶっかけ
    [アリーヤ/3/非服従エンド 妊娠VER]
  2. レイアに口内放尿
    [レイア/1/朝奉仕LV3~5/小便を飲ませてやろう]

1.アリーヤの身体におしっこぶっかけ

シーン解説

 心は屈服していないものの妊娠してしまい、子供だけは守りたい一心で言いなりになるアリーヤ。人目がありそうな街でアナル尻尾をつけて犬のオシッコポーズで犯された後、精液を洗い流す名目でおしっこをぶっかける内容。

 屈服してはいないため、おしっこに対して相当な嫌悪感と抵抗感を示し、赤ちゃんが居る身体におしっこをかけられたという状況に泣き崩れる様子が最高にドS心をくすぐる浴尿シーンに仕上がっています。

 ただ作中ではレイアにもおしっこをぶっかけている、おしっこを飲んでイってしまうという状況になっているのですが、イラストではアリーヤの身体にしかかかっていない点が非常に惜しい。

2.レイアに口内放尿

シーン解説

 おしっこを飲むことに抵抗するセリフを吐くレイアに口内放尿する内容。

 本心では屈服しているものの、最後の抵抗と言わんばかりにおしっこを飲むことを拒否するレイア。しかし主人公が飲まなければ二度と抱かないと言い放つと、即座に従順な態度になりチンコを口に咥えて「早く私のお口に注いでください」と催促し自ら肉便器宣言する、即堕ち二コマのようなレイアが素晴らしくエチエチ。さらにその後、おしっこを飲むだけでイってしまうレイアの変態性が最高と言わざるおえない。

 ただしイラスト上は断面図無しの口内放尿なので、見た目上の飲尿感は薄いのが残念。

まとめ

濃厚な尿エロシチュでグッド

 アリーヤの浴尿、レイアの飲尿シーン共に非常に煮詰まった濃厚な尿エロシチュで大変すばらしい。前作に引き続き声優さんの高クオリティな演技と邪魔しないおしっこSEで実用性はMAX。

前作から尿エロ数激減。イラストも惜しい

 が、しかし前作から比較すると尿エロシーン数が激減している点、イラストがシチュと完全にマッチしていないor飲尿ならではのイラストではないという部分がどうしても足を引っ張っているのが非常に残念。

全部のエロシーンを見たものの、軽く流して見たエロシーンもあるので、もしかしたら見落としがあるかも……。

もし尿エロシーン他にあるぞという指摘があればTwitterで教えてください。

まとめ

 尿エロシーン数激減やイラストの件等、減点ポイントはある。しかしレイヤの飲尿シーンは、かなりの尺がありシコリティの総合力が極めて高く、素晴らしい飲尿シーンに仕上がっており必見レベルなので総合してオススメ度は4にしました。

後述しますが尿エロを考えずに、戦乙女ヴァルキリーの続編と捉えれば満点レベルのエロゲなので単品よりも、4シリーズがまとまっているセット販売を買うのがオススメです。

 購入先リンクへ

前作のレビューはこちら

前作からの正統進化した素晴らしいエロゲー

エロシーンのボリュームアップ

 1作目は調教シーンがほとんどで、普通のエロシーンはオマケ程度の量でしたが、本作では調教に加えてストーリーに沿ったエロシーンも大幅に追加。前作キャラのエロも完備しており続編として素晴らしいと言える進化を遂げています。

 調教シーンもCGの使いまわしを多用しつつも屈服度合いで内容を変えていた1作目から改良され、使いまわしを減らしてシチュを増やした形になっています。

新キャラ、アリーヤが魅力的

 1作目のヴァルキリーレイアは正統派な印象の真面目系だったのに対し、本作で追加された新キャラ、ヴァルキリーアリーヤは強気で高慢、主神オーディン至上主義のプライドが高い性格。

 そのため本作はアリーヤの心を折り、性欲に溺れさせるためのエロシーンのボリュームが多くなっており、わからせ好きや高慢な女を堕とすシチュ好きにはうってつけなエロゲーに仕上がっています。

特にレイアと違い、人をなんとも思っていないアリーヤを民衆の前に連れていき、主人公とのセックスシーンを晒したり、民衆や兵士の性処理に使う様子は、最高に尊厳破壊している感じで嗜虐心満たしてくれる!

 また中々屈服しないのもポイント高し。なんなら最後まで屈服しないENDもあり。制作陣の拘りを感じます。

特殊なアイテムでレイアと様々なプレイが楽しめる

 オーソドックスな媚薬から催眠のような効果を持つアイテム、時間停止で快楽だけ貯めて開放する、フタナリ化等、レイアとの様々なエロシチュも兼ね備えており、続編としてのみならずレイアFD的な構成にもなっており、レイア好きも満足できる構成です。

 もちろん同アイテムをアリーヤに使うプレイもあります。

まとめ

 正統進化でクオリティ、ボリュームアップで前作ファンなら文句なく買いな作品。

 エンディングも豊富でヴァルキリー達が完堕ちするルートから最後まで屈服しなかったルートまで存在し制作陣の本気を感じる仕上がりな傑作調教物エロゲーです。

【戦乙女ヴァルキリー2】のサンプル画像

 規約上、画像は掲載できないため各販売サイトでご確認ください。

 商品リンクへ

【戦乙女ヴァルキリー2】の詳細情報

タイトル戦乙女ヴァルキリー2
ブランドルネ
原画田丸まこと
シナリオそのだまさき/K−TOK/大神キリン
声優島香麗子/一色ヒカル/サトウユキ/風音/かわしまりの/北都南/白井綾乃/野神奈々
発売日2010年09月24日[DLsite販売開始]
2008年3月28日[パッケージ]

ジャンル

【戦乙女ヴァルキリー2】の販売サイトはこちら

戦乙女ヴァルキリー2

【戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック】の販売サイトはこちら

戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック

女性受け尿エロ情報まとめをフォローする
女性受け尿エロ情報まとめ
タイトルとURLをコピーしました